1年前のスクーリングを振り返って

今、娘は通信制高校の3泊4日のスクーリングへ行っています。
今日は3日目。明日帰ってきます。
去年のスクーリングのことを思い出していました。
1年前の今頃、娘はほとんど家からも出られず、学校にも行けていませんでした。
スクーリング前の説明会に行くだけで疲れ切って、体調は最悪。吐き気やイライラが止まりませんでした。
スクーリングに行くためにも、不安・体調不良になった時のお薬をもらっておいた方がいいのではないか?
そういうことで、心療内科に繋がったのでした。
 
この泊りがけのスクーリングには、必ず参加しなければ進級、卒業出来ません。
普段はしんどくて外に出られない娘も、これだけは行かなければという必死の思いで、頑張りました。
 
学校から出ているバスで行くのは不安だからと、運転が苦手な私が、片道3時間半かけて送迎しました。
 
車の中でもすぐに酔うし、不安と緊張で大変な状況でした。
 
スクーリングになんとか行ったものの、すぐにしんどくなり別室で授業を受けたり、泣きながら先生に助けてもらったりしたと、後で話してくれました。
 
車で迎えに行った時の顔は忘れられません。
私の顔を見てボロボロと涙をこぼし、やっと終わった、こんな自分でもスクーリングに行けた、しんどかったけど嬉しかった、先生に助けてもらって嬉しかった、友達もできたよ。とたくさん話してくれました。
 
ただ、疲れは相当だったようで、家に帰ってから数日は、体調もよくなく、なぜかとてもイライラすると不安の薬を毎日飲んでいました。
やはり、頑張って無理をして、疲れ過ぎたようでした。
 
そして、あれから1年。
 
今年もまたスクーリングの時期がやってきました。
娘はトンネルから抜け出している頃だったので、私もそんなに心配はしていませんでした。
 
スクーリングの前日には嵐のライブに行き、とても幸せな気分のまま、スクーリングに行きました。
 
バスはやはり不安なので、今年もまた私の車で行きました。
車でも嵐のCD を流しながら、ライブの話をたくさん嬉しそうにしてくれました。
スクーリングへの不安の言葉はありませんでした。
友達にライブのお土産を用意していました。
スクーリングは大変だけど、友達や先生に会うのが楽しみと言いました。
 
去年の顔はしていませんでした。
 
車の中で、娘は最近幸せなことが多いから、また不幸がくるのではと、不安になることがあると言いました。
 
私は、悪循環の反対があることを話しました。
 
幸せなことがあれば、幸せそうに笑っていたら、周りの人も楽しくなるし、人も寄ってくるよ。幸せは幸せを呼んで、どんどん幸せになれるんじゃないかなあ。と。
 
娘はそうかなあ?と言いながら、少し嬉しそうでした。
 
そして、2人で神様にありがとうと、笑いながら言いました。冗談ぽく、「神ちゃん、ありがとうね〜!」と。
 
送り届けてからは、調子の良さそうなラインが送られてきて、一安心です。
 
体調いいよ。
頑張るよ!と。
 
去年のラインでは、もうしんどい。帰りたい。と泣き言ばかりのラインでした。私は励ましていましたが、やはり私も不安で仕方ありませんでした。
 
今年は、私が無理せず頑張ってね!と送ってもしばらく既読になりません。
きっと、友達とお話しして、楽しんでるのかなと思うと、嬉しくなります。
 
明日はパパのお迎えで帰ってきます。
きっと、笑顔で帰ってくるのではと思います。
そして、また自信をつけて、ひとまわり大きくなって帰ってくるんだろうな〜と予想しています。
 
1年前のスクーリングと、1年後のスクーリング。
1年前は、こんなに違いがあるなんて、想像つきませんでした。
 
本当に本当に、神ちゃん、ありがとう!!です。
 
今、渦中で苦しんでいる親御さんも大丈夫です。
しんどい時はしんどいと吐き出して、ぜひ一緒に話しませんか?
コメント欄か、ホームページからお問い合わせくださいね。
 
 
 ポチっとしていただけると嬉しいです。


不登校・ひきこもりランキング にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村